大切なのはレーシックの実績数

いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください。
選ぶ基準としましては、病院の知名度や値段、また最新の機械を取り入れているかなど様々な項目を確認してください。

 

レーシッククリニック選びでは実績数が一番と言って良いほど重要なものとなります。
どんなに高精度の機械を使用していたとしてもそれを扱う医師が経験不足では全くお話にならないのです。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 レーシックの実績数はホームページなどを調べることで知ることが出来ます。
実績数と言っても医師一人一人の実績数ではなく病院全体の実績数を参考にするようにしましょう。

 



大切なのはレーシックの実績数ブログ:18/10/31

お子様は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「運動」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

お子様はとにかく身体を動かしまくるものだが、
お子様が身体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りもお子様の脳のシナプスを増やすことになるので、
ママはお子様から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

お子様は11時間活動しまくると、23時は熟睡をするもの。
お子様は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかるお子様など1人もいない。

お子様がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実にお子様は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
お子様が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
お子様は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
ママが必死になって育児をしているために、
その姿がお子様にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したようなママは、
お子様の脳の成長に大損害を与えているのであって、
お子様が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。

 

ホーム サイトマップ