日本国内でのレーシック実績

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 





LED電光看板ナビ
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


日本国内でのレーシック実績ブログ:18/09/20

上に姉、下にいもうとという3人兄弟で育ち、
その中でもひと際食べ物に関して執着するのは私でした。

特に、ハヤシライス、ハンバーグといった洋食は大好物で、
母親の料理が完成間際になると台所に駆けつけ、
盛り付け終わった料理の中から
一番大きいものを自分のお皿に持っていったものです。

よくいもうとの料理を横取りしては
母親にこっぴどく怒られました。

おいしそうなものは
自分の物にしたいという欲求が強かったのでしょう。

身体はガリガリでしたが、食欲は旺盛で、
この頃の「食」への欲求が、
今の食事に対するこだわりにつながっているのだと思います。

小学生時代から、
子どもが家事を手伝うのが当然だった私の家では、
日曜日の6時食は、子どもたちが担当するという決まりでした。

最初の頃は、
出来合いのコーンポタージュの素などを料理していたのですが、
だんだんと楽しくなって、いろいろ工夫するようになりました。

料理本を持ち出してきては、
例えばコーンポタージュを作るにしても、
ダマができないようにどうすればおいしく作れるか、
子どもながらにいろいろ考えました。
料理の知恵がだんだんとついていった頃でした。
 
高校生になると、
私はやることがエスカレートしていき、
ファッション誌なんかで
「もてる男はハヤシライスを作る」という記事があれば、
その通りやってみたり…

ハヤシライスを作る時も自分でスパイスを調合したり、
オレンジを絞って入れてみたり…
いろいろ工夫しました。

単に女性にもてたいという気持ちもありましたが、
混ぜて味が変わることがおもしろくて、
とても興味深かったのを覚えています。

ホーム サイトマップ