そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか


そもそもレーシックってどんな治療なのか
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。





そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:18/09/08

きのう、
私達夫婦は入籍後初めて奥さんの実家へ行きました。
奥さんの実家は遠方なのでちょっとした小旅行気分。

いつもは奥さんの実家で、
家族4人でマッタリと過ごすのですが、今回は少し予定変更。

ひょんなコトから、
私達夫婦と奥さんの両親とで
日帰り旅行をすることになったんです。

私は、普段なら「家族旅行っていいね!」と思うところですが、
今回ばかりはそうも思えない事情がありました。
それは義理のお父さんのからだのこと。

実は義理のお父さん。
以前から体調を崩し、入退院を繰り返していて、
実は旅行できるような状態では無かったんです。

正直、私自身も、今回の旅行が決まったとき、
「義理のお父さんが遠出できるのか?体力的に持つのか?」
とても心配していましたし、奥さんも私と全く同じ意見でした。

むしろ、お父さんのからだにわざわざ負担をかけてまで、
旅行しなくてもいいんじゃないか?そう思っていました。
だからこそ、今回の旅行、決めるだけでもためらいがあったんです。

しかし、お父さんは違いました。
「私は行くぞ!」そう言い続けるのです。
それはそれは強い決意で揺らぐ様子も無く。
さらに、あろうことか「私が運転する!」と言い出しはじめたのです。

私たちはこう思っていたんです。
もし、無理して体調を崩したら、
旅の途中で大変なことになりはしないか…
せっかくの旅行なのだから、できればゆっくり楽しんでもらいたい…
それもコレも全て、
「お父さんへの気遣い」から生まれる心配だったのですが…

しかしあることをきっかけに、僕の思いは変わりました。
「ココはお父さんに任せたほうが良いみたい。きっと大丈夫だ」
そう思えたんです。

私は見てしまったんですよね。
お父さんの喜びの表情の中にある、
少し物憂げで寂しさを湛えたお父さんの目を…

そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

大切なのはレーシックの実績数
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)みんなのレーシック完全マニュアル