そもそもレーシックってどんな治療なのか

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 



そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:18/06/28

減量のマニュアル本などを見てみると、
適度な体操が効果的…なんてことが、
ほぼ確実に書かれていますよね?

確かに体操をすることによって、
カロリーを消費することができますから、
ダイエット効果が期待できます。

でも中には
「わたしは体操ギライだから…」という人も…

体操ギライの人でも、できる体操ってたくさんあるんですよ。

例えば、「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、
体操のセンスも関係ありませんよね?

体操神経に自信のない人は、
歩くことを意識してみてはいかがですか?

例えば…
歩くチャンスは、駅にも転がっています。

駅のホームにたどり着くために
階段を上り下りすることはありませんか?

今は便利な世の中ですから、
たいていのところには、
エスカレーターなりエレベーターなりが設置されています。

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、
一分ぐらいしかかからないのではありませんか?

この一分でも、
エスカレーターを使うのと階段を使うのとでは
消費できたカロリーに差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし日々続けていれば、
そしてひと月、1年と続けていれば
結構なカロリー消費をすることになるんです。

歩くという行為は減量からしてみると、
少ないかもしれませんが、
確実にエネルギー消費の手助けをしているわけです。

そして、
歩く時には、腕を大きく振りましょう。
腕を同時に動かすことによって、
腕を動かすためのカロリーも消費しますよ。

ちょっとした工夫が、
減量につながるんですよ!


ホーム サイトマップ