レーシック手術の割引制度を有効活用

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことです。
最近では、レーシック手術の割引制度を採用している病院がたくさん出てきています。

 

レーシックを行っている病院は全国各地に多数あり、病院同士で集客の争いのために積極的に採用をしています。
レーシックの資料取り寄せをすると割引券を貰えたり、病院のウェブサイトから割引券が印刷出来たりなど様々あります。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 まずはクリニックへ行く前にウェブサイトなど隈なくチェックをするようにしてください。
またネットオークションで1円から販売されていることもあるので、覗いてみると良いでしょう。

 



レーシック手術の割引制度を有効活用ブログ:19/01/17

女性の「痩せ願望」は根強いですが、
多くの女性は「痩せ過ぎ」を目標にしていて、
減量に失敗することが多いようです。

これは鏡の中の自分を確認し、
体のラインを把握していない為で、
自分の体に不満があるとすれば、
筋肉の量が足りていないということがわかると思います。

ウエストの脂肪は、腹筋がなければ凹みませんし、
実際、体重を減らさなければならないほど太り過ぎの方は
それほど多くありません。

減量をする上で、僕が提案したいのは、
体重計よりも全身が映る鏡で体をチェックすることと、
ベストサイズだった頃のデニムを
スムーズに履けるかどうかを確認することです。

デニムも伸び縮みしない素材で確認し、
鏡は毎日見ることをお勧めします。

極度の肥満から、
美しい体のラインと、健康的な体重に戻した
女優のエリザベス・テイラーは
「体重計よりも鏡をみて判断しなさい」と言っています。

エリザベス・テイラーも最初は、
とにかく体重を減らすことを目的に
減量していましたが、
あと数キロで適正体重になれるという時に、
過度の食べる事制限を行っても、体重が減らなかったそうです。

その当時のパートナーは、
その時の彼女をお買い物に連れて行き、
2キロの肉を彼女に持たせ、
「これだけの体重を減らしたのに、まだ痩せたいの?」と言ったそうです。

その時、彼女は鏡を見て、
自分の体がベストに戻ったと納得したそうです。

本当の減量に成功したエリザベス・テイラーは、
今までは周りばかりを意識していて、
自分の為に減量をしたことがなかったと悟ったんだそうです。


ホーム サイトマップ